【肩関節周囲炎】四十肩・五十肩の病期に応じた対症療法と原因療法とは?

【医療情報】五十肩は病期に応じた対症療法と原因療法があります

五十肩への効果的なアプローチ方法

四十肩・五十肩には、病期に応じた対症療法と原因療法が必要です。当院では病期を7つに分類していますが、整形外科的基本となっている急性期・拘縮期・回復期の3つの病期において何をすべきなのかをご説明します。

アメリカの理学療法ガイドラインでは4つに分けられています。

急性期(6週~9ヶ月)

五十肩を患っていらっしゃる方にとって、最もつらい時期がこの急性期です。動作時だけではなくじっとしていても痛みがあります。夜間痛を生じる場合も多く、痛くて眠れず鬱など精神症状へとつながっていってしまうこともあります。痛みをなんとか抑えることが望ましいのですが、実際のところ簡単には治りません。緩和はできても、ある程度の痛みは覚悟する必要があります。その痛みと向き合う時間をできるだけ短くする、つまり急性期という期間を出来るだけ短くすることが効果的なのです。

急性期に行うべき処置

  • 炎症の鎮静化
  • 拘縮期への早期移行
  • 痛みの緩和

実際に、急性期の五十肩に対して病院が行うのは保存療法が主です。保存療法では、手術をせず、投薬やリハビリを行います。具体的には、炎症を抑える・痛みを緩和するたことを目的とした投薬と注射になります。

どんな薬?どんな注射?・・・気になりますよね。

はい、医療機関で処方される薬と注射について解説します。

五十肩の急性期に処方される薬

非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID=Non Steroidal Anti Inflammatory Drug)の処方が医療機関での第一選択肢となります。錠剤、湿布、座薬といった患者さんに合わせたタイプで処方され、いずれも鎮痛と抗炎症作用の両方が期待できます。服用する内用薬の場合はロキソニン、湿布の場合は、モーラステープまたはロキソニンテープが多いです。これらが効かない場合、より強力なボルタレンが処方されますが座薬として処方されることが多いです。これらNSAIDの処方で痛みが治らず生活に支障をきたす場合は、もう一段階強力なトラムセットが処方されます。トラムセットは強力な鎮痛作用がありますが、トラムセットに含まれているアセトアミノフェンによる抗炎症作用は弱めです。

NSAID・トラムセットは処方される薬で市販薬ではございません。五十肩などに効くとされる市販薬については別記事で解説しました。

注射が鎮痛にはもっとも効果あり

目的を「痛み緩和」に限定した場合、最も効果的な手段です。整形外科、または麻酔科(ペインクリニック)にて受けることができ、ヒアルロン酸注射とステロイド注射の2種類が一般的です。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸のもつ抗炎症作用及び鎮痛作用により痛みの緩和が期待できます。さらに腱の癒着防止作用、関節拘縮抑制作用も期待できるため、整形外科では1週間に一度、連続5回ヒアルロン酸を注射するのが一般的です。ヒアルロン酸を飲食物として経口的摂取しても上記の効果はなく、あくまでも患部に直接注入する必要があります。

ステロイド注射

炎症が強く関節に腫れがある場合はヒアルロン酸による効果が得られにくく、その場合強力な抗炎症作用があるステロイド注射が有効です。ステロイド注射は、急性期の炎症鎮静化と痛みの緩和においては最も効果が期待できる方法である。ただし何度も繰り返すと軟骨を痛めるリスクがあり、多用は危険です。ですので連続してステロイド注射をする場合は最低3ヶ月以上の間隔をおく必要があり1年に計2回までとされています。

以上が、医療機関で受ける治療になります。他にPRP療法(自己多血小板血漿療法)や運動器カテーテルといった特殊な方法もあります。テレビで紹介されたり有名人が行なったことがニュースになり知名度は高いのですが、いずれも保険が適用されません。

次に、当院で行なっている方法ご紹介します。

肩こりラボで行う急性期の五十肩へのアプローチ方法

とにかく痛みをなんとかしてほしい!これが患者さんがもっとも望んでいることです。痛みの緩和・炎症の鎮静化はもちろん大切です。

重要なのは、できる限り「拘縮期への早期移行」を促す、これがポイントです。

拘縮期への早期移行とは、肩が動かなくなる状態になっていただくということ。肩が痛くて動かしにくい状態から、肩が全然動かない状態になるということは悪化していると感じられるはずです。ですが、この動かない状態(=拘縮期)を経ないと治りません。

ここの理解が得られないと次のステージへ進めません。

医療機関にて五十肩と診断を受けた方に対して、当院のような鍼灸・マッサージ院ができるのは「寒冷療法」「超音波療法」「鍼」「マッサージ」「運動療法」の5つです。

痛みの緩和の効果に限れば、整形外科・ペインクリニックの注射には劣ります。

五十肩に対するアプローチの本質は、状態に応じた処置方法の組み合わ方です。つらい症状を緩和する対症療法はもちろんですが、つらい期間をできるだけ短くし、五十肩を発症する前の状態に戻すためには、適切な処置を個々の合わせて組み合わせるテクニックが必要なのです。

寒冷療法

炎症が強くて痛みが激しく、熱感や腫脹(腫れ)がある場合は、まずはアイシングにより鎮痛と炎症の鎮静化を図ります。

超音波療法

超音波で炎症部位に極微細な刺激を与えることで、細胞の反応を喚起して治癒を促進させます。1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージが可能なUST-770(伊藤超短波株式会社)を使用します。

鍼とマッサージ

鍼を打つことで、急性期の痛みが魔法のように治ることはありません。そして急性の炎症部位に鍼を行うことで却って炎症を助長させる可能性が高いため直接的な鍼は原則行いません。

では、どこに鍼を刺すのか?といいますと患部となる肩関節の“周囲”に刺します。

急性期は関節内部の炎症に加え、痛みに対する生体の防御反応により肩関節周囲の筋肉に過剰な緊張(スパズム)が生じています。

この過剰なスパズムによって関節部の痛みの助長や、腕や首などの周辺部位の不快感や鈍痛、気怠さなどの二次的な痛みが合併して発症しているケースがほとんどです。

さらに緊張だけでなく、痛みにより動かしたくても動かせない期間が続くため、不動により筋肉(筋線維と筋膜)の硬化が生じます。

炎症部に負担をかけずに筋緊張の緩和を図るためには、過度なストレッチや体操は避けなければいけません。

炎症部に負担をかけないために鍼・マッサージで行うことが望ましのです。急性期における鍼・マッサージは、肩関節周囲の過剰な筋緊張の緩和と血流改善をすることで、二次的な痛みの緩和を図ることと関節拘縮の軽減が目的です。

マッサージと鍼は、個々の患者さんの感受性や具合に応じて使い分け、または組み合わせて行います。

運動療法

急性期において炎症の早期鎮静化は最優先課題です。原則痛みを我慢して動かすということは行いません。

ですが、インナーマッスル(腱板)の強化は必要です。

そのため、インナーマッスル強化のために運動療法は極めて低負荷で行います。

インナーマッスルの強化によって関節拘縮を予防して根治までの期間を縮まります。インナーマッスル(腱板)のなかでも特に棘上筋と棘下筋の強化が大切で、あくまでも痛みを自覚しない範囲で行うことが重要です。わずかな挙動においても痛みが強い場合は、炎症鎮静化を優先します。

繰り返しになりますが、痛みを我慢しての運動療法は行いません。

拘縮期(4~6ヶ月)

拘縮期に入ると、“何もしないでも痛い”状態からはやや解放され、主に運動療法が行われます。この拘縮期に運動療法と併行して鍼灸・マッサージを行うことがポイントです。

鍼灸・マッサージは急性期と拘縮期の移行時期に最も有効

急性期の終盤「一時の激痛は少しおさまってきたが、動かすと痛い!」という状況になります。それ以降、急速に関節の拘縮(固まって動かなくなること)が進行します。この急性期→拘縮期に移行時期に、きちんと適切な処置ができるかどうかが、とても大切なポイントなのです。鍼灸・マッサージは、この急性期と拘縮期の移行時期に行う処置として最も有効であると考えております。

関節拘縮を放置してしまいますと元通りにするのは非常に困難です。残念ながら、完全な可動域までの回復が難しくなります。拘縮期を経て回復期に移行した後の可動域を確保するためには、拘縮期における関節拘縮の程度をコントロールする必要があります。

拘縮期に入ってしまってからよりは、症状が変化する、急性期→拘縮期に移行するタイミングで“痛みの管理と関節拘縮の予防”ができることが望ましいわけです。そのための手段として鍼灸・マッサージは効果を発揮すると期待できるのです。

鍼・マッサージで痛みが緩和できる理由

鍼灸・マッサージは「筋肉をゆるめる」と「血流を増加させる」の2点に特化しています。

筋肉の緩和・血流の増加で、なぜ痛みが緩和されるのでしょうか?

人間は痛みを感じると条件反射によりその部位付近の筋緊張が高まります。肩関節は他の関節と異なり、筋肉によって支えられている割合が多いのです。肩をとりまく筋肉の状態により可動性は大きく左右されるのです。

また、肩の動きは“肩甲骨の動き+上腕骨(腕の骨)の動き”によって成り立っています。(これを肩甲上腕リズムまたはコッドマンリズムといいます)

五十肩にお悩みの方はその痛みに対する防御と長期間肩動かさないことからほぼ全員に肩甲骨の硬化が生じます。具体的には肩甲胸郭関節の拘縮が生じているのです。

五十肩の拘縮期における鍼・マッサージの目的

  • 鎮痛と運動療法の補助
  • 肩甲骨の動きの回復
  • 筋肉の伸縮性を正常化

鍼とマッサージはこの3点において大変有効ですから、拘縮期から回復期へスムーズに移行できるのです。

回復期(6ヶ月〜2年)

回復期には、可動域が回復して根治にむかう時期です。ここまでくれば、肩を苦なく動かせるようになってきて、日に日に良くなってくるのが実感できます。

そこで関節可動域の拡大とスムーズな動きを目指し、積極的な可動域訓練と筋力トレーニングをメインに行います。

特にインナーマッスルの機能回復、前後左右の対になる筋力(force couple mechanism)の関係性を整えることに重点を置きます。

肩局所だけでなく、姿勢や日常の動きなど全身に対するアプローチも行います。

この時の鍼灸・マッサージは、可動域を高めるための補助と筋力トレーニングによって疲労した部分の回復が主な目的となります。

動かしにくさを補助して動きを円滑にする、そして二次的な痛みを予防できるという点で鍼灸・マッサージはとても有効なのです。

株式会社 肩こり研究所

0件のレビューがあります

読者による当記事への平均評価:0(0)

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル
レビューを書く
katakoriLabs