【医療情報】五十肩と四十肩は違う?肩関節痛を治すための予備知識

五十肩(四十肩)は治ります。肩と首の治療のプロによる肩関節痛の治療

 
厚生労働大臣免許保有者責任監修

肩の関節が痛くて辛い、思うように動かすことができない・・・五十肩、四十肩を患っている方は非常に多いです。しかしそれを年齢だからと何となく片づけていらっしゃらないでしょうか?

“とりあえず痛み止めと湿布”“とりあえず電気を流す”といった「とりあえずの処置」で終えてしまわれている方が多いと思います。

五十肩を治す方法について、3回に分けて解説いたします。

率直な疑問「五十肩(四十肩)って治るの?」

はっきりと申し上げますが、五十肩、四十肩は治ります。

こりラボは、肩こり・首こり専門の治療院ですが、肩こりよりも五十肩の方が治しやすいというのが正直なところです。

肩こりや首こりは、精神的ストレスといったメンタル面による影響が大きいケースがありますが治療はあくまでフィジカル面になります。五十肩・四十肩といった肩関節痛は、治療自体は難しいのですが、やるべきこと・治療すべきことは明確なのです。

五十肩と肩こりは全く別物

肩こりと五十肩(四十肩)を混同してしまいがちですが、完全に別物です。根本的に異なります。

肩こりは首〜肩の筋肉の問題によって起こる症状で、五十肩は筋肉ではなく「肩関節の問題」によって起こります。

筋肉と関節の違いなのです。

肩の関節の痛み全般を肩関節痛といいますが、五十肩とは肩関節痛の1つでしかない

肩こりが原因で肩周辺に痛みがある場合、特に40代・50代でしたら、四十肩・五十肩と勘違いしてしまうことは仕方のないことです。

40代・50代の人で肩の関節周辺が痛い=40肩50肩とは限りません。

肩の関節の痛み、いわゆる肩関節痛という症状にはいろいろあり、40肩50肩というのは、その中のひとつでしかないのです。

ですから「自分は四十肩かも」という自己判断で、四十肩五十肩に関する情報を調べて市販薬を服用したり、五十肩に効くとされるセルフケア・運動を行ってしまうのは危険なのです。医療機関で診てもらわずにいきなり整体などのお店に通うと余計に症状が悪化することがあります。

大げさに不安を煽りたいわけではありません。生活に支障をきたす後遺症が残ってしまうということが現実にあります。

五十肩に関する情報がバラバラで何が本当かわからない!

五十肩について、誤った情報が蔓延しています。そして非常に残念なことですが、治療する側も勘違いしていケースが少なくありません。なんでもすぐ調べられる時代だからこそ、リスクも大きいわけで、患者さんご自身に、五十肩を正しく理解していただく必要性を心の底から感じています。

五十肩は治療をすればよくなるのですが、治療自体は決して簡単ではございません。

これまで多くの方を治療してきましたが、もっと早く治療開始していれば・・・というケースもありますが、他で間違った治療をしてしまったことで治療が困難になってしまうケースが多いのです。

ですから一人でも多くの方に、まず正確な五十肩情報を知っていただきたいのです。

佐伯綾子

佐伯綾子

肩こりラボ治療スタッフ
  • 鍼灸師(厚生労働大臣免許)
  • あん摩指圧マッサージ師(厚生労働大臣免許)
  • NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
  • パワープレート認定トレーナー
 
katakoriLabs