肩こりを科学するブログ

五十肩の原因・症状・治し方③ 五十肩の最新治療法であるサイレント・マニピュレーション ~五十肩の痛みに耐えられない方へ~

五十肩の原因・症状・治し方③ 五十肩の最新治療法であるサイレント・マニピュレーション ~五十肩の痛みに耐えられない方へ~

<<<『五十肩の原因・症状・治し方 ①五十肩とは』へ戻る

<<<『五十肩の原因・症状・治し方 ②五十肩の病期ごとに効果的な治療方法とは』へ戻る

五十肩の最新治療法のひとつ「サイレント・マニピュレーション」とは

サイレント・マニピュレーションは、城東整形外科(秋田県秋田市)診療部長の皆川洋至先生が考案された治療方法で、以前から行われていた全身麻酔による手技を改良したものとのことです。

エコーを見ながら、肩関節支配の第5、第6頚神経根周囲に麻酔薬を注入(神経ブロック)した上で、上肢を動かし、硬くなった関節包を徒手的に破断させ、拘縮を解除する方法です。・・・難しいですね。もう少しわかりやすく説明します。

全身麻酔による従来の方法よりも簡便でかつ安全に施術が行えるという方法とのことです。

その具体的な施術内容は、痛くて動かせない肩へ局所麻酔を行い、動かせるようにし、徒手的に悪さをしている関節包を破壊する、という技です。麻酔を行っているので施術も無痛で、かつ日帰り行えることから患者さんにかかる負担が大幅に軽減される方法のようです。

このようなデータがあり、難治例には良い結果が出ています。

五十肩、(サイレント・マニピュレーション

 http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130813/361396/?rt=nocntから引用させていただきました

施術1週間後に、夜間痛、安静時痛、運動時痛がいずれも減少することを確認しています

五十肩、サイレント・マニピュレーション

 http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130813/361396/?rt=nocntから引用させていただきました

肩関節の挙上角度、外旋角度も授動術直後から改善し、1週間後、1カ月後も維持されたようです。

素晴らしい技術です!!

しかしながら・・・

もし私自身が凍結肩(五十肩)になったとして、関節包を破断する治療を受けるかと問われれば、即決はできません。

というのも、内視鏡手術においてもですが、関節包を破断してしまうということのマイナス点を無視できないからです。

「あなたは五十肩の痛みを経験したことが無いからそんな事が言える!!」と思われる方もいらっしゃると思いますが、ここはあくまで「ひとつの考え方」として、可能であれば以下を読み進めていただけたら幸いです。

関節包を破断するということはどういうことなのか?

関節包とはどういうものなのでしょう。

関節包の詳しい説明は、http://pain0205.blog92.fc2.com/blog-entry-965.htmlより引用させていただきました。

関節包とは

骨と骨の継ぎ目を関節と呼ぶがこの関節を補強しているものの一つに関節包がある。 関節可動域の制限は骨格筋の影響の他にこの関節包の影響も大きい。

では関節包とは一体どういったものなのだろうか。

関節包は内層と外層に分類され内層は疎性結合組織で滑膜という滑液を分泌する部分がある。滑液は摩擦の軽減と軟骨の影響を与えている。 また外層は密性結合組織で線維膜になる。自由神経終末のほかに、機械受容器であるルフィ二小体、パチニ小体、ゴルジ腱器官が存在する。これら内外層の主成分になるのはコラーゲンとなる。 関節が不動であると関節包はGAG、ヒアルロン酸、水分量の低下を生じる。それにより関節包は滑膜の癒着や線維化が生じ、可動域制限の原因となりうる。 関節包は関節にとっての機能を発揮する重要な部分である。不動による機能低下を生じないことと、不動を生じさせた場合は早期に可動性を改善するようアプローチをする必要性がある。

関節包の構造と不動の変化 理学療法の評価と治療

要点をまとめると、

1)関節包は、本来構造上不安定ではずれやすい肩関節が容易に脱臼しないように、関節を安定させるための重要な組織である

2)関節包には肩の角度やおかれている状況をキャッチして自動的に修正するためのセンサーがたくさん存在する

ということです。

五十肩,肩関節、関節包

http://www.eorthopod.com/content/adhesive-capsulitisから引用させていただきました

つまり、脱臼しないであらゆる角度に自由自在に動く、痛みのない正常な肩関節において関節包は必要不可欠なものです。

関節包が無い、あるいは機能していない状況となれば肩関節は脱臼してしまう可能性が高まります。

また、センサーが機能していなければ動きのエラーを修正できず、その結果関節が正しく滑らかな動きができなくなり、周辺の組織へ刺激が生じ、それが長期化することにより骨の変形やインピンジメント症候群、広義の五十肩として二次的な痛みを抱えることとなりかねません。

極論、破断した関節包を縫合する手術は可能ですが、センサーを一度破壊してしまうとIPS細胞が実用化されないかぎり二度と復活させることはできません。

一説によると「一般的に40歳前であれば関節包が破れると肩脱臼が生じやすくなるが、40歳を超えると筋肉が硬くなり、筋肉の固さに守られるようになるので、関節包を破断しても肩脱臼は生じにくくなる」とのことですが、筋肉(腱板=インナーマッスル)が硬くなることによっても正常な関節運動は不可能となってしまいます。

また、正常な関節動作にはセンサーが誤作動をキャッチして修正する機能が不可欠です。

このセンサーのエラーの積み重ねが、五十肩が治っても数年後に再び「広義の五十肩が発症してしまう可能性も考えられます。

以上のことから、関節包を破断することには中~長期的なリスクも伴う というということを理解して施術を受ける必要があるのではないかと私は考えております。(関節包の機能については下記文献1を参考とさせていただきました)

そして、以下のような指摘もあります。

獨協医大整形外科教授の玉井和哉氏はサイレント・マニピュレーションについて、「早く治すことができ、かつ安全な治療法であれば、素晴らしいと思う」と前置きした上で、「ただし、現時点ではエビデンスは不足しており、評価できない」と語る。

また、炎症が強い時期に関節包を破断することの安全性は不明という。玉井氏によると、授動術はあくまで、疼痛が弱まり拘縮が進行した慢性期の治療との認識だ。

“五十肩”治療に新風 凍結肩を20分程度の外来治療で治す 神経ブロック下授動術で患者のQOLを改善 日経メディカル

一般的に五十肩(=凍結肩=癒着性関節包炎)は放置していても、とりあえずは治る(痛みは引く)とされています。

しかしそれでは「今ある痛み・動きにくさを何とかしてほしい」という患者さんのニーズに応えられないという治療する側のジレンマも確かにあります。

患者さんも「“今ある痛み”を何とかしたい!!!!」というのが一番の願いだと思います。

痛みは患者さんの生活を左右します。慢性的な痛みにより、うつなど精神症状へつながることもしばしばあります。

サイレント・マニピュレーションはどうにもならない痛みに苦しむ患者さんを少しでも救いたい、一刻も早く痛みから解放したい、という信念から生まれた技術だと思います。

諸々考え方はありますが、私個人としては

●五十肩に対しての治療は「今ある痛みをどうにかする」ということももちろん大切ですが、関節包を破壊する治療にはそれなりのリスクも存在するということを考慮する必要があるのではないか

●100%ではありませんが、日常から首・肩・肩甲骨のコンデションを整えることは五十肩の予防となり、悪化を防ぐことはできるため「どうにもならない痛み」となる前にケアを行うことが望ましいのではないか

●今までマニュアル的な治療を続けて改善しなくても、病期に合わせた適切な治療を行うことにより病状が急速に良い方向へ転じることがしばしばあるため、どうしても「今」ある痛みをどうにかしたい場合に、ある程度のリスクを承知の上で関節包を破壊する治療を受けるのが望ましいのではないか

と考えております。

五十肩の痛みが消えた!!「運動器カテーテル治療」

難治性の肘、肩、膝などの関節痛に対して有効とされる治療方法で「運動器カテーテル治療」があります。東京の江戸川病院で行われている「血管」に着目した新しい治療方法です。

痛みと血管の関係については、当院でも注目しており治療にも取り入れています。

詳しくは別記事にしてますので是非そちらも読んでいただけたら幸いです。

五十肩の治療として考えた時、鍼灸マッサージは何に有効なのか?

当ブログの趣旨としまして、鍼灸マッサージ治療を啓蒙、広告することを目的としておりません。

肩こり・首こり含め、五十肩は整形外科に行っても良くならないから鍼灸マッサージを行うという方は多いです。しかしだからといって全て鍼灸マッサージ治療が適応となり、効果が期待できるというわけではありません。

こと、五十肩に対する鍼灸マッサージ治療は、急性期の終盤以降の「何もしなくても痛い・痛くて夜起きてしまうという状態はやわらいできたが、まだ痛くて動かすことができない」「リハビリをしても一向に良くならない」「骨に異常がないのに肩が痛い」という状態の方に対して有効な手段であるといえます。

東洋医学は西洋医学で不可能なことを可能にするというのは大きな間違い

鍼灸マッサージというと東洋医学と認識されると思います。

一般的には「東洋医学は西洋医学で不可能とされたことを解決できる」と解釈されることが多いですが、これは大きな間違いです。

西洋医学的な検査値として出ないもの・出にくいもの(筋肉・神経など)に対してアプローチが可能ということを拡大解釈しているにすぎません。

100%完璧な治療は存在しません。患者さんはメリット、デメリットふまえて十分に考慮して治療を選択する必要があるのではないでしょうか。偏りのない情報を得て自ら判断する必要がありそうです。

二週間以上続く原因がよくわからない肩の痛みにお悩みの場合には、広義の五十肩か狭義の五十肩か、はたまた別なのか、しっかりと鑑別できる専門家へ相談するのがベストです。

参考文献

[文献1] 肩 関節 の安 定 化 機構 https://www.jstage.jst.go.jp/article/katakansetsu1977/15/1/15_13/_pdf

[文献2]五十肩の管理:系統的レビューと意思決定分析モデルhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0047042/

参考URL

日経BP

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130813/361396/?rt=nocnt

<<<『五十肩の原因・症状・治し方 ①五十肩とは』へ戻る

<<<『五十肩の原因・症状・治し方 ②五十肩の病期ごとに効果的な治療方法とは』へ戻る

今回の記事は、お役に立ちましたでしょうか?

もし当記事が、少しでもあなたのお役に立てたようでしたら、他の方にシェア頂ければ幸いです。

by
katakoriLabs

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です