肩こりを科学するブログ

ひどい肩こり・首こりで治療院に通い続けても改善しない方は必見!「東洋医学的治療と西洋医学的治療の違い」

ひどい肩こり・首こりで治療院に通い続けても改善しない方は必見!「東洋医学的治療と西洋医学的治療の違い」

「リンパが詰まっているのが原因です。」

「痛みの原因は、老廃物がたまっているからです。

「骨が歪んでいますね。これを直せば楽になります。」

「背骨が歪んでいますので直します。」

このように自信満々に言われ、言われるがまま施術を受けられる方が多いと思います。実際に良くなられている方はよいのですが、そうでない方、疑問をお持ちの方が今このページをご覧になられていると思います。

この記事が、その中でも治療院にどれだけ通い続けても改善しない方・いくつもの治療院を転々としてどこに行けばよいのかわからなくなってしまっている方のお悩みを解決するヒントになれば幸いです。

当記事での東洋医学とは鍼・灸・マッサージを指すこととさせていただきます。漢方は含みません。

医学的根拠は皆無なのに東洋医学的には正しいという謎

冒頭に上げた例は、街中に溢れている整体、カイロ、足つぼマッサージなどのお店や治療院でよく使われる言葉です。非常によく使われています。

結論から申し上げますが、医学的根拠は皆無です。中には東洋医学的に・・・という説明をするところもあることでしょう。(西洋)医学的に説明できないことだけど、東洋医学的には正しい、効果がある、こんな風に言われたら、よく分からないけど信じてみるのは無理もありません。

ひどい肩こりで痛くてつらいと、痛みをすぐにでもなんとかしてほしいわけですから、説明とかはいいから!!となってしまうのが普通です。

分からないから不安になる。その不安を「知識」で解消しましょう。

もし、ご自身、またはご家族が、大きな手術をする、となった時、それが緊急事態ならやむを得ませんが、時間に余裕がある場合「とりあえずお願いします」となりますか?

きっと説明をよく聞くと思います。それが大切な人の場合でしたら自分の場合よりも理解しようとするはずです。ひとりだと不安だから誰かを同伴してお話をきく場合もあるでしょう。

肩こり・首こり・腰痛の場合は、どうしても大きな怪我・大病と比べれば緊急性が低い上に我慢もできてしまいます。ですから、正しい情報を一生懸命求めるよりも、どうしても受け身になりがちです。テレビでみた、雑誌で目にした、友達がいってた、といった情報、その情報の中でも「楽そう」「簡単そう」な情報に流されてしまいます。

すごく効くよって聞いて東洋医学的な治療を受けたけど、一向に良くならないどころか悪化した。何ヶ月も予約でいっぱい、全国から患者さんがくるって評判のところにいったけど全然よくならない。そもそも何が原因なのかわからない、今通っているところが悪いのか?他に原因があるのか?・・・このような方はかなりいらっしゃるはずです。

わからない、先が見えない、ことは不安ですしとてつもないストレスです。これを少しでも解決するのは正しい知識を身につけることです。仕組みや意味がわかるだけでストレスや悩みはぐっと減るはずです。

鍼(はり)・お灸(きゅう)・マッサージといった東洋医学として世間一般で認識されている治療方法が、どのような考えをもとに行われているのか?それが西洋医学的な根拠に基づいた治療方法とどう違うのか?という点にフォーカスしていきます。

西洋医学と東洋医学のちがい

東洋医学という言葉を耳にして連想されるのはどのようなイメージでしょうか?

東洋医学というと、まず連想されるのが、中国4000年(最近では5000年に延長されています)の歴史、ツボ、気(気功)、ハリ、漢方・・・だと思います。漢方はさておき、肩こりに代表される体の不調を治す東洋医学のイメージは鍼や灸でツボ(経穴)を刺激し、気や経絡を整え、血流を改善することで自然治癒力を高め、体質改善を行うといった内容を想像されるのではないでしょうか。

上記に挙げた東洋医学らしい文言の中で、医学的根拠(EBM)に基づいているのは「血流を改善する」という部分のみです。

● 西洋医学では不可能とされた病を東洋医学では治療可能。

● 不治の病、難病を治した。

などといった宣伝文句をしばしば目の当たりにします。世の中には科学的に説明できないこともまだまだ多いですし、不思議なことだらけですから、東洋医学に不思議な力があると信じてしまう人もいれば、胡散臭く思う人もいることでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

東洋医学の世界では

  • 症例数に関わらず、1人でも改善すれば効果有り
    • 有効率の検討がなされておらず施術者の主観をよりどころとされている
  • 良いことしかアピールされない
    • 施術者から発信される情報にバイアス(偏り)がかかっている、施術者自身が信者となっている
  • 効果の判定が定量化されていない
    • 客観化数値化されていない、する努力をしない、あえてしない
  • 東洋医学的治療(鍼・灸・マッサージ等)を行ったから効果があったのか、たまたまだったのかの比較検討がなされていない
    • 二重設盲検法(Double Blind Test)、ランダム化比較試験(RCT::Randomized Controlled Tria)、がなされていない
  • 東洋医学の文献の大部分が筆者に都合の良い結論付けとなっている場合が多い
    • プール解析メタ分析(メタアナリシス)がなされていない
二重盲検法

二重盲検法(にじゅうもうけんほう、英: Double blind test)とは、特に医学の試験・研究で、実施している薬や治療法などの性質を、医師(観察者)からも患者からも不明にして行う方法である。プラセボ効果や観察者バイアスの影響を防ぐ意味がある。この考え方は一般的な科学的方法としても重要であり、人間を対象とする心理学、社会科学や法医学などにも応用されている。

行為の性質を対象である人間(患者)から見て不明にして行う試験・研究の方法を、単盲検法という。これにより真の薬効をプラセボ効果(偽薬であってもそれを薬として期待することで効果が現れる)と区別することを期待する。しかしこの方法では観察者(医師)には区別がつくので、観察者が無意識であっても薬効を実際より高くまたは低く評価する可能性(観察者バイアス)や、患者に薬効があるかどうかのヒントを無意識的に与えてしまう可能性が排除できない。そこでこれをも防ぐために、観察者からもその性質を不明にする方法が二重盲検法である。

ランダム化比較試験

ランダム化比較試験(ランダムかひかくしけん、RCT:Randomized Controlled Trial)とは、評価のバイアス(偏り)を避け、客観的に治療効果を評価することを目的とした研究試験の方法である。従って根拠に基づく医療において、このランダム化比較試験を複数集め解析したメタアナリシスに次ぐ、根拠の質の高い研究手法である。主に医療分野で用いられる。略称はRCTである。

メタアナリシス

メタアナリシス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのための手法や統計解析のことである。メタ分析、メタ解析とも言う。ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、最も質の高い根拠とされる。

出典:Wikipedia

このように非常に曖昧な要素が根幹を成してしまっています。

ここで、読者の方にご確認しておいてほしいことがございます。これを書いている著者自身ははり師・灸師・あんま指圧マッサージ師の資格をもっております。これら3つの資格は国家資格であり、資格取得のためには東洋医学を最低3年間勉強し国家試験を受けて合格しなければなりません。

私自身、鍼灸師として仕事をはじめた最初の数年間は、東洋医学的な考え・方法を治療に取り入れました。その結果、自信をもってプラセボ以上といえる効果はあげるには至りませんでした。これは私自身の経験不足・知識不足ともいえるかもしれません。ですが、特別な感性・才能をもった治療家でなければ東洋医学的治療で効果をあげることは困難=再現性が低いのは間違いないと思います。

そして、私は過敏性腸症候群を患っていたことから、ゴッドハンドと呼ばれる治療家のところに東洋医学的治療を受けに通いました。いまこのブログをご覧の方と同じく、治療方法が解明されていない・病院で治らないなら、可能性があるとされる方法を信じたいですし、すがりたい気持ちはみなさまと一緒だと思います。ですが、私自身は残念ながら東洋医学の神秘にふれることはできませんでした。

東洋医学をモットーとする施術者に治療の根拠についてお尋ねすると「自分の感覚では・・・」「私は〇〇と考える」「何千年も前から伝えられている経験医学だ」などと答えます。よりどころとするのは経験であり、何千年も前に書かれた書物とのことです。

東洋医学関連の文献は数多く出典されてはいますが、その試験方法、解析方法に穴があり、症例報告の域を出ることがなく、信頼度の高いものが少ないという状況なのです。

東洋医学を全否定しているわけではございません

メンタル面にも耳を傾け、西洋医学的な検査値に出ない領域を取り扱うことができるということは患者さんにとって有益なことです。 しかし反面、東洋医学の施術者はそれを美化しすぎて“東洋の神秘”に自らが酔いしれ、思考にバイアスがかかってしまっている傾向があるという現実問題があります。

西洋医学には限界がある

西洋医学の医療従事者は事象を全て解決できるとは考えていません。なぜなら、限界が存在するということを理解しているためです。その限界を超えるために日々世界中で研究が続けられています。

西洋医学では無理なものは無理という考えですから、病院にいくら通ってもダメ、病院を転々としてもダメといった方にとっては、東洋医学がフィットする可能性はあるわけです。実際に治るかどうかは別として、希望はもてます。

治るかもしれない、治したい、という気持ちは本当に大切です。希望が持てるということは素晴らしいことです。

西洋医学では治らない病が「治った」を「治せる」と言い換える

ですが、その気持ちを利用するだけ利用しいているようにしか見えないのが 「諸悪の根源は〇〇・・・」「〇〇で万病の元を改善・・・」などといった考え方です。東洋医学の施術者は、ベテランになるにつれて全てを東洋医学で解決させる思考形態となる人が多く、これが問題なのです。

東洋医学とはあくまで思想であり考え方です。 物事の真理をつくような表現が多いので、あまり深掘りしなければもっともらしくて聞こえが良いですが、実は、うまくつじつまが合うように後付けで理論建てられているという裏事情があります。

こういったことから、救われる(救われた気になる)人はいらっしゃいます。残念ながら、本当につらく、症状にお困りで治したいと強く願う患者さんが、根拠のないふれこみに右往左往してしまう方の方が、救われる人よりも多いはずです。

西洋医学は“生命をできるだけ高確率で確保する”ということを第一優先として発達してきました。そのため客観性・再現性が求められ、西洋医学的な根拠がAという事象にあれば、それに対しては一定の効果が期待できるわけです。

東洋医学は“やってみなければわからない”、“やってみてダメでもごめんなさいで済まされる”、“たまたま効果があっても東洋医学の美談とされる”ことが本当に多いのです。肩こり・首こりなどの悩みがある方は国内で約1200万人にものぼると言われてます。そして肩や首のこりというのは、整形外科的な診断で異常無しとされます。そのうちどれだけの人が病院以外で治療を考えるかはわかりませんが、少なくとも数十万人という大勢の方が東洋医学のもとで治そうとしているでしょう。

100年に一人くらいは触っただけ、見ただけでその人の状態がわかってしまうような能力を持っている方が現れるかもしれませんが、毎年3000人以上輩出される鍼灸マッサージ師がそうであるとは到底考えられません。

このように東洋医学は上記に示したような現状であるが故に、非常に多くの方が迷走してしまっています。私は、東洋医学(鍼灸マッサージ治療)にも客観性や再現性が絶対に必要であると強く主張します。

医学は日々進歩しています。今まで正しいとされてきた治療が実は間違っていたということもあります。東洋医学もそうあるべきではないでしょうか。

もちろん、治すという信念をもって、本当にまじめに治療に取り組んでおられる東洋医学の治療家もたくさんいらっしゃるとは思います。常に現状に満足せず本気で治す信念をもち続ける人が増えれば、きっと東洋医学は時代にあった新しい形へと昇華するはずです。

医学的根拠のある鍼治療とは

鍼は神々しいものではなく、あくまでも機械的刺激を用いた物理療法の一つです。

鍼の刺すことで起こる生体の反応は限られています。

  1. 鍼を刺した部分の筋肉が弛緩する

    ※ 現時点では動物実験による文献のみ [文献1、2]

  2. 鍼を刺した部分に軸索反射が起こり、血流が増加する

    [文献3]

  3. 中枢神経系からモルヒネ様物質(エンドルフィン等)が分泌され、鎮痛作用が生じる

    ※ ただし手術ができるほどではない [文献4、5、8]

  4. 体性-自律神経反射により自律神経系に影響を与える

    [文献6]

現時点で鍼を刺すことでえられる人体の反応は以上4点です。

(現時点としたのは、鍼灸の科学的研究は始まったばかりなので、未だわかっていないことが多いからです)

繰り返しますが、鍼灸マッサージ治療はあくまで物理療法の一部分です。適用範囲は極々限られています

患者さんが抱えていらっしゃる症状の原因を探り、その原因と上記の効能が合致した場合のみ施術を行います。これが西洋医学的な治療です。 (※灸やマッサージのEBMについては後日執筆させていただきたいと思います。)

ダウンロード1引用元:http://www.sunsethillsacupuncture.com/

 

西洋医学では、治療にいらしたとしても適用範囲外であれば“治療しない”という選択肢があります。これは当然のはずなのですが、世の多くの東洋医学治療ではこの当然の事がなされておりません。

そのため、「改善する(かもしれない)」というレベルでの治療が平気で行われ、藁にもすがる思いの患者さんが裏切られ失望する、という図式ができあがってしまっております。

このように、医学的根拠(EBM)に基づいた治療に限定して行うことで、施術を受けていただいた患者さんには再現性のある一定の効果をご自覚いただくことが可能となります。

そもそも「痛み」「コリ感」は自覚症状であるため、客観化することが非常に困難です。しかしだからといって施術者の経験や勘など主観に頼るばかりが医学ではないはずです。主観と客観を常に交互に繰り返すことが絶対に必要です。

以上のことから、「鍼灸マッサージ」と聞くと東洋医学を連想しますが、肩こり研究所では西洋医学的な根拠(EBM)に基づく治療を行っております。

by
katakoriLabs

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です