肩こりラボ・治療スタッフの佐伯綾子から皆さまへ

 
厚生労働大臣免許保有者責任編集
佐伯綾子・鍼灸師・あん摩指圧マッサージ師

このような治療院は他に見当たりません

私はスポーツが大好きで、高校生のころ将来はトレーナーを目指したいと考えていました。その夢を叶えるために、高校卒業後、専門学校で運動による健康へのアプローチを学びました。

私が目指していたのはスポーツチームのトレーナーでしたが、専門学校で学んでいくうちに考え方が変わってきました。どのように変化したのかと言いますと、プロやプロを目指す方々、運動が好きな方だけではなく、運動習慣があまりない人や高齢者の運動指導も行えるようになりたいと強く思い始めたのです。幅広い層に対応できるようになりたい、つまり、運動をするあらゆる人の力になりたい!!そのためには、今の専門学校を修了するだけでは足りない!!運動だけでなく、直接体に触りコンディションを整えていく必要性を感じました。

そこで、専門学校を卒業後、改めて鍼灸・マッサージの専門学校へ進学し、鍼灸師・あん摩指圧マッサージ師の資格を取得し、リラクゼーションとマッサージの会社へ就職しました。

7年間、仕事に携わってきました。この7年間で、患者さんに喜んで頂けることは徐々に増えていき、自信がついてきたのですが、同時に悩みと葛藤が大きくなってきたのです。それはマッサージで筋肉をほぐす事に重点を置きすぎて、本来の目的であった運動と鍼やマッサージの両立で肩こり・腰痛を治すということが出来ないということです。

私はマッサージを受けることも、人にマッサージをすることも大好きです。それだけでは根本的な解決にならないことを自分自身の身体で痛感してます。

ですから、尚更、このままでは、いけない、そう感じながら仕ことを続けるのではなく、今まで学んだことを活かしながらも、根本的に1からやり直して本来の目的である治療できるようになりたい!!そこで出会ったのが当院でした。

7年間勤めた会社を辞め、株式会社 肩こり研究所の門を叩く決心をしたきっかけは、マッサージ師が陥りやすい「試しにこれをやってみたら良かったから今度からやってみよう」というような経験と感覚の治療ではなく、身体の構造を理解したうえでの原因究明と治療を第一に掲げていたからです。

このような治療院は他に見当たりませんし、誰もそのようなことは教えてくれません。学校でも学ぶことはありません。

こりラボのセラピストは、経験豊富で技術力のある方々ばかりですが、一番の魅力は、とにかく患者さんのことを本当に大切に考えて、治すという目的のために真摯に向き合うところ。とても厳しい環境ではありますが、本当にどこよりも恵まれた環境だと思います。この中で切磋琢磨しながら成長し、1人でも多くの肩こりや腰痛で悩んでいる方を助けてあげたいという思いを強くもっています。そして、その思いは日々強くなっています。

目の前の患者さんのことを誰よりも真剣に考えて、向き合っていきます。患者さんと共に根治を目指し、最後に笑顔をみること、私自身も笑顔でお見送りできること、これに勝る幸せはありません。

katakoriLabs