診察・治療費用について

肩こり研究所が保険は取り扱わず自費治療のみである理由

当院の治療費用は一般と比べ約2〜4倍と高額です。相場は大体10分500〜1000円です。ただ、この一般的な相場の額は無資格者によるリラクセーションでの施術費用が基準です。当院の治療スタッフは、全員が3年間専門学校にて学び国家資格を取得し、取得後にさらに厳しい研修・審査を経て、知識技術共に一定のレベルをクリアした者のみが治療を行っております。当院で治療家を目指しても治療できるようになるのは50%以下です。

未経験大歓迎・わずかな研修で施術を行うリラクセーション・マッサージと何が違うのかよくわからない方が多いかもしれません。リラクセーションは治療ではございません。肩こり研究所がおこなっているのはリラクセーションではなく「治療」です。

なぜ保険を適用しないのか?

保険を使えること、それは患者さんにとって大きなメリットです。

当院のような鍼灸マッサージ治療が、「肩こり」を保険を使って治療するには大前提として「医師の同意書」が必要です。鍼灸マッサージが保険適応となるケースは神経痛・リウマチ・腰痛症・五十肩・頚腕症候群・頚椎捻挫後遺症の6つで、この6つのうち「肩こり」は頚腕症候群もしくは神経痛に該当します。

あくまで医師の同意書が必要ですが、医師が書いてくれないこともありますし同意書が保険者に通らないこともあります。

医師の同意書なしで保険適用しているケース

整骨院などで「捻挫ということにすれば保険使えます」「寝違えということにしておきましょう」といった提案をされたことがある方は少なくないでしょう。

骨折、脱臼、打撲、捻挫、ムチウチ、突き指、肩の痛み、腰の痛み、膝などの関節の痛み、筋肉痛に対して保険が適用できるのが柔道整復師がいる整骨院になります。鍼灸師もいる整骨院の場合、これらの症状に対して保険適用となりますが、骨折・脱臼の応急処置、ねん挫や打撲といった原因が明らかなケガの場合は問題ないのですが、それ以外は医師の同意書が必要となります。

ですので医師の同意のもとで保険を使った肩こり治療を行っているのでしたらよいのですが、そうでない場合「捻挫」ということにすれば保険が使えるという提案をされます。これは当然ですが不正行為です。

国の財政における医療費の負担増と将来については、誰もが「問題」として認識はされているはずです。

保険が使えるということは、逆に保険適応のために制限がかかるということでもあります。健康保険でいうところの健康というのは、仕事と生活ができるレベルを意味します。よりよい生活のためではありません。国民が仕事をして税金を払う社会人としての生活を最低限保証するための制度です。

自費治療だからこそベストを追求できる

当院は、あくまで治っていただくことを目的としております。現在の保険制度の枠組みのなかでは、ベストな治療はできません。患者さんの負担という意味では保険適用できることが理想です。ですが、患者さんにできるだけ早く治っていただくことと誠実に真面目に治療すること、この2点は絶対なのです。これが当院が保険を取り扱っていない理由です。

100%自費治療に込めた願い

自費治療の対価として「明確な効果」を実感して頂くことは当たり前なのですが、せっかく高い治療費をかけるにあたり患者さんが自身の健康やより良い状態になることを貪欲に求めてほしい、という願いもこめられています。治療する側・受ける患者さん側双方が、同じ目標に向かって進んでいくこと、これが治療のあるべき姿と考えています。

肩こり研究所における診察・治療の軸となるもの

当院の治療は根本原因の解明  徹底的な治療  明確な効果 これら3点を軸に行います。

「リラクセーション」は治療において重要な要素

一般的な有資格者の治療院であっても、「治す」ことは二の次でリラクセーションに重点がおかれ、気持ち良くしてとにかく通ってもらうことが目的となっているのが現状です。

「リラクセーション」の持つ意味は治療において重要な要素です。これは間違いありません。筋肉の緩和・コリのほぐしは治療のファーストステップであり、これは心身ともにリラックスしていただくことが大切です。

ただしリラクセーションが主では状態は一向に改善しません。治療の目的は、症状の改善と症状の発症を抑えること。リラクセーションは、症状を改善するための治療における大切な要素ではありますが、主となるべきは治療です。

治療院の数は増えているのに、苦痛を抱える患者さんの数が一向に減らない

治療院の数は増え、有資格者も増えているのに「苦痛を抱える患者さんの数が一向に減らない」のです。むしろ若い年齢層にまで広がっています。高い費用と貴重な時間をかけて治療に通うが結局は同じことの繰り返しとなり、患者さんは通い続けるしか道はなく、最終的には治らないのだとあきらめてしまいます・・・・。これでは本末転倒、医療としての本質はいったいどこにいっていまったのでしょうか?

「患者さんを苦痛から解放すること」が私たちの使命

当院は治すために来院いただくのであり、永続的に通っていただくことを求めません。もちろん治すために一定期間通っていただくこととなりますが、症状が悪くないのに通っていただく必要はありません。治すための道筋を前もって必ず示し、当院の治療では見込みのないものに対しては事前に必ずお伝えし、可能であれば代替案を提示します。

治療はマンツーマンですが、治療スタッフ全員で治療に取り組みます。

治療はカウンセリングからアフターケアまで完全マンツーマンでサポートいたします。専任スタッフが最後まで治療を基本とし、患者さんの状態をスタッフ全員で共有することによりご都合の合わない場合でも対応できるよう万全の体制をとっております。治療技術に関しては当院のスタッフに差はございませんが、治療においてフィーリングはとても大切です。スタッフの変更などのご希望は遠慮なくお申し付けください。直接伝えにくい場合は、受付スタッフにお伝え下さい。

一般論として肩こりが治らない理由、それは治療の精度の低さ

どうすれば治療できるのか?という情報・技術の有無はさておき、もっとも大切なのは症状を引き起こしている原因の見極めです。この見極めを最初の問診でしっかり見立てることができるか否かに治療の精度は大きく左右されます。

必要十分な時間を確保する

見立ての精度を高めるためには、患者さんとの問診・検査を流れ作業ではなく時間をかけてじっくり行う必要があります。

そして、実際に行う治療・処置にも十分な「時間」が必要です。

無駄に「時間」をかけても意味がありません。なぜ時間が必要なのかといいますと、肩こりの場合、肩の関節と周囲の筋肉は非常に複雑な構造をしており、肩こりの症状に関係している筋肉は59個、関節は9つもあるのです。

当院の肩こり治療の場合、59個の筋肉、9つの関節全て、個別に、ひとつひとつ丹念に手技を施します。あくまで身体は動かすものと考え、日常生活の「動き」にアプローチし「動作の改善」を導きます。

肩こり治療には最低90分の時間が必要

当院で行う肩こり治療の場合、60分間では首肩周囲のみという身体の一部分のみの範囲でも完全にはできません。全身にアプローチしなければなりませんので最低でも90分は必要となります。最低といっても長ければいいというわけではなく、この90分というのは最大限効率よく治療するのに必要な時間です。

常に患者さん目線で物ことを判断します。一方的な決め付け、押し付けにならないよう、分かりやすく説明し、患者さんの意見や考えを最大限尊重します。

医療のジレンマを患者さんの視点から考えると、病院では先生と患者さんの距離が遠くて質問したいことや疑問がじっくり聞けない場合がほとんどです。(一般病院3分、よく聞いてくれる病院5分、しっかり聞いてくれる病院10分、当院は15分+術後の説明を別途確保します) 長い時間待ったわりに先生と対話できる時間はわずかで、聞き忘れたことがあっても聞くまでに手間がかかり結局うやむやにしてしまう場合がほとんどです。家に帰ってから不安になることもあると思います。当院はそのようなジレンマを解消すべく、完全予約制とし患者さん個々への時間を十分に確保するとともに、一度でも受診頂いた場合担当施術者といつでも連絡可能な体制を整えております。

逆の例として、一般治療院では、患者さんと施術者が仲良くなって友達のようになり、馴れ合いで治療を行っている場合が多いですが、当院はそれを否定しております。理由は治療をして改善が見られなかったとしても友達ならば「ごめん」で済まされてしまうからです。患者と施術者という関係上、施術者は自ら手をかけることにより「結果」を求めることをひたすらに追及し、責任を持たなければならないと考えます。患者さんは「症状を改善させるため」に高いお金を払って通院頂いているということを肝に銘じて施術にあたらせていただいております。

治療費がなぜ高いのか

他院との違いは「効果」で証明し「希望」を感じていただくこと。当院は通い続けてもらうための治療院ではなく、あくまで完治していただくための治療院です。

問診・施術・生活指導・アフターケアに手間と時間をかけなければ慢性疼痛の根本改善はできません。星の数ほど治療院が存在するのに関わらず慢性疼痛に悩まされる方が一向に減らないのは、手間と時間をかけないところがほとんどだからです。保険を使う場合は、どれだけ時間を短くできるか、どれだけ多くの人を診れるかどうかが目的となってしまいます。これは業務・仕事という意味では仕方のないことです。

私たちは、100人に対してその場しのぎの緩和をする時間があるなら、それを1人でも多くの人を治すために使いたいのです。

なぜなら治療家だからです。

私たち治療家が生きていくためにする仕事は、ビジネス治療ではなく治療ビジネスです。

肩こり研究所の治療は、症状改善のために必要な時間や技術を十分に確保し、カウンセリング・診察・セルフケア指導・術後相談全て含みます。細かいご要望などがありましたら、別途メニューを組み柔軟に対応させて頂いております。患者さんが心底お悩みのわずらわしい症状と決別し、より良い生活を送ることができるよう全力を尽くして参ります。

ご意見・ご要望・お気付きの点等ございましたらお気軽にお申し出頂ければ幸いに存じます。

この記事がお役に立ちましたら
いいね ! をお願いします。

この記事のタイトルとURLをコピーする
by
katakoriLabs

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です