katakori LABS Study Session 2017.08.03

鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・理学療法士向けのセミナー・勉強会・講習会がたくさん行われていますが、肩こりの緩和の方法やテクニックに偏りすぎています。緩和ではなくシンプルに肩こりをどうやって治すのか?治るのか?という疑問に対して勉強会を開催いたします。東横線・学芸大学駅より徒歩3分。有資格者が対象です。

VOGUE JAPAN 2017年7月号にて肩・首を楽にする、姿勢&ストレッチを紹介

スマートフォン・タブレット・パソコンが仕事だけでなく生活に深く関わっている現代社会。身体・健康への悪影響が懸念されていますが、実際に体調不良の症状が表れている方は増加の一途をたどっています。たとえば多くの女性が悩む肩こり。今では子供から10代の学生が首や肩の不調を訴えることは珍しくありません。

読売新聞(2017.2.26)で「スマホ巻き肩」の記事が掲載されました。

読売新聞にて現代人を悩ませるスマホ巻き肩についての取材が記事として掲載されました。ストレートネックに・スマホ首になると肩も巻き肩になっていきます。猫背がさらに悪化した姿勢ともいえます。スマホなしの生活は考えられません。スマホ巻き肩を防ぐにはスマホの正しい持ち方をはじめとした日々のセルフケアが必須です。

月刊「ゴルフダイジェスト」4月号で四十肩・五十肩予防のためのインナーマッスルトレーニングの紹介

病院ではなかなか治らない四十肩・五十肩ですが、なってしまう前に予防としてインナーマッスルトレーニングがオススメです。月刊ゴルフダイジェスト4月号で実践方法を紹介しましたのでご覧ください。ゴルフをされる方は必見ですが、肩関節に不安のある方すべてにご紹介したい予防方法ですので機会ございましたらご一読ください。

The Japan Newsにkatakori LABSのストレッチが掲載されました

Stretches for the digital age,a specialist recommends exercises for smartphone users と題しましてスマホ時代のためのストレッチを肩こり・首コリ治療のスペシャリストとして解説。肩こりは日本人だけのものではございません。

医道の日本 11月号の巻頭企画で当院の肩こり治療を紹介。

月刊「医道の日本」11月号の巻頭企画は肩痛。10月号に引き続き今回は肩こり研究所の具体的な治療について紹介していただきました。どのような治療を行っているか?も大切なことですが、当院が何よりも強く訴えたいことは「治療において必要なことは何か?」という点です。

医道の日本 10月号の巻頭企画で取り上げられました。

月刊「医道の日本」10月号の巻頭企画は専門治療院。肩こりの専門治療院として「肩こり研究所」が紹介されました。肩こり患者を無くすための治療院という、世の中にありそうでない治療院です。治療家を目指す方々に「肩こりは治すことができる」ということを是非知っていただきたいと思います。

美ST 8月号「ビューティー覆面調査隊」でご紹介いただきました。

40代の女性向け雑誌「美ST」の覆面調査隊による覆面調査を受け、誌面で肩こり研究所をご紹介いただきました。1ページ丸々使っての紹介です。効果・接客・清潔感・技術の4つのポイントで★3つの満点評価をいただきました。肩こり研究所は、学芸大学駅前にある完全予約制の肩と首の諸症状に特化した鍼とマッサージ治療の専門院です。

健康 2015年7月号で「耳たぶマッサージ」を紹介。

主婦の友インフォス情報社による雑誌「健康」の2015年7月号に肩こり研究所所長による「耳たぶほぐし(マッサージ)」が紹介されました。詳しい内容は、肩こり研究所ブログの天気痛に関する記事にありますので、合わせてご覧ください。

VOGUE JAPAN 7月号にご紹介いただきました。

ヴォーグ・ジャパンの2015年7月号の特別付録「女の磨き方」に掲載。肩こり・腰痛でお悩みの女性の方と真摯に向き合い、共に治していく、肩こり研究所は、そんな鍼灸マッサージ治療院です。鍼が苦手で怖いという方にはオイルマッサージ治療もございます。女性スタッフもおりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。