月刊「ゴルフダイジェスト」4月号で四十肩・五十肩予防のためのインナーマッスルトレーニングの紹介

なってからでは遅すぎる 実はアナタも四十肩・五十肩予備軍だ!

四十肩五十肩予防のためのインナーマッスルトレーニング 月刊ゴルフダイジェスト

月刊「ゴルフダイジェスト」4月号にてインナーマッスルの鍛え方を紹介

2/21発売の月刊「ゴルフダイジェスト」4月号に掲載の「なってからでは遅すぎる 実はアナタも四十肩・五十肩予備軍だ!」で、肩関節の動きを改善するために効果的なインナーマッスルのトレーニング方法と肩甲骨のセルフストレッチ方法の解説を当院の丸山が紹介しています。

ゴルフをされる方は是非実践なさってみてください。

誌面でご紹介しているメニューはあくまでも予防目的のものです。既に痛みがある方が治すために行うものではございません。この点だけはご留意いただきたいと思います。痛みがない方にとっては、ご紹介したメニューは肩関節の動きを滑らかにするうえで効果的なので是非積極的に行ってみてください。

月刊ゴルフダイジェスト

四十肩・五十肩でゴルフのパフォーマンス低下でお悩みの方は、治療をオススメします。

四十肩・五十肩は、しばらく時間がたてば自然と痛み自体はなくなります。痛みは無くなっても確実に肩の可動域が狭くなります。日常生活に支障はきたさなくとも、以前できた動きができなくなります。これはスコアに大きく影響します。せっかくの技術や機材を活かすためには、まず正常な肩の状態でなければいけません。

そして放置して痛みがおさまった四十肩・五十肩は再発の可能性は非常に高いのです。

すでに病院で四十肩・五十肩と診断され治療しているものの治る気配が感じられない方へ

医師から四十肩・五十肩という診断が出たら、多くはリハビリに通うか自宅でのセルフケアでの対処となるでしょう。もしこれらを続けても、以下のような状態であれば治療院を検討してみてください。

  • 痛いのを我慢して動かしているのにいっこうに良くならない
  • 日に日に痛みが増していってる
  • 痛みと関節可動域制限が著しい
  • 一進一退を繰り返してい
  • 3ヶ月以上横ばいが続いている

何らかの対処をしているにも関わらずなかなか改善しない場合は、セカンドオピニオンとして別の専門家に一度相談することが、結果的に早期治癒につながるかもしれません。四十肩・五十肩を治すためにもっとも大切なことは、実は治療方法ではなく『見極め』だからです。

四十肩・五十肩を確実に治すためには様々な場面で見極めが求められます。見極めを誤ると、正しいはずの対処方法を行っても良い効果が得られないばかりか悪化を招いてしまいます。

「専門家に相談」は治療をお願いすることではない

強調したいことは、「専門家に相談」の意味は専門家に治療をお願いすることではないということです。治療を受けることではなく、自分の体が今どういう状態なのか、改善のためには何が必要なのか、今の自分に適した対処方法は何なのかを知ること、つまり見極めをしてもらうことこそが大切です。

四十肩・五十肩を治すのは決して簡単ではありません

四十肩・五十肩を治すことは簡単なことではありません。しかし体に合わせてきちんと対処をすれば必ず良くなります。肩こり研究所は、1秒でも早く治すということは義務と考え、再発予防とパフォーマンスアップまで含めた治療を行ないます。

by
katakoriLabs