IDマッサージ - 肩こりラボ独自の手技技術 学芸大学のマッサージ

IDマッサージは一般的なマッサージ方法とは一線を画する画期的なメディカル・マッサージです。

katakori LABSが、通常のマッサージや整体などでダメだった方へ向けて考案した技術です。はりが怖い方へも最適です。

一般のマッサージでは触ってくれないような細かい部分や、隠れたコリに対して十分に刺激を与えることができます。

気持ちいいマッサージではなく、治すマッサージです。

通常のマッサージや整体とは全く違うマッサージですから、独自技術と謳っておりますが、医学的根拠に基づいた正しいマッサージ方法です。その効果ですが、IDマッサージを受けていただいた直後から感じていただけることをお約束します。

IDマッサージのID(アイディー)の意味

IDはindividualの略で、「個々の」という意味です。人間の身体は非常に多くの筋肉がありますが、問題となっている筋肉を特定し、それに対して個別にマッサージをする、これがIDマッサージのIDの意味です。

人によって症状は様々、感じ方は違いますが、人間皆、筋肉の構造自体は同じです。

つらい症状を引き起こしている筋肉を的確に捉え、その人その人に合わせた(individualized)丹念に丁寧に行うマッサージ、それがIDマッサージです。

IDマッサージ

人間の筋肉はとても数が多く複雑に組み合わさっています。ですので、首がこる・肩が凝るといってもその症状をおこしている付近になんとなくマッサージするだけでは、気持ちいいだけで効果は期待できません。筋肉一つ一つを個別にとらえてマッサージする必要があります。

IDマッサージはアウターとインナーの両筋肉にダイレクトにアプローチします。

単にコリに対して刺激を加えるだけでなく、コリの原因となっている身体の乱れや筋肉バランス、関節の可動性を整えます。解剖学に精通した国家資格取得者のみが行うことができる技術で、「手」のみで患者さんの症状を改善させる物理療法です。

具体的にIDマッサージとはどのようなマッサージなのか?

IDマッサージは、マッサージとストレッチと関節モビリゼーションの良い所のみを組み合わせた混合技です。

もっと詳しく説明しますと、按摩・指圧・オイルマッサージ・ストレッチ・関節モビリゼーション・筋膜リリースを総合的に組み合わせて行う技術です。徒手による筋膜リリース(緩やかな圧迫と伸張与える手技)やIASTM(オイルやクリームなどの滑剤を用いて皮膚を摩擦する手技)の技術はIDマッサージのなかに含まれます。

IDマッサージは多岐に渡る処置方法の総合技術です。ですので患者さん個々の要望や体の特性次第で行う内容が変わります。ですから単なる「もみほぐし」ではなく、筋膜に異常があれば筋膜リリースを、筋肉に異常があればマッサージを、関節可動域に異常があればストレッチや関節モビリゼーションを適宜行います。自律神経の乱れがあれば体性-自律神経反射を利用して自律神経にはたらきかけます。

筋膜リリースとは?

IDマッサージの「筋膜」に対する効果とは?

IDマッサージはコリをほぐすだけでなく体のバランスを修正し自律神経を整え「体をかえる」技術です。体のバランスを修正するためには筋肉だけでなく筋膜のコンディションの改善は必要不可欠です。

IDマッサージによって期待できる筋膜への作用

  1. 血流を改善し水分補給をすることで、高密度化した筋膜の柔軟性獲得と潤滑剤の滑走性回復
  2. 物理的な伸長刺激を与えて、高密度化した部位の伸縮性改善
  3. 線維化してしまった部位に微細な組織損傷を与えて組織のリモデリングを誘導(表層のみ可)

効果の比較

3D鍼IDマッサージ一般の鍼一般のマッサージ
IDマッサージは肩こりラボの根幹をなす技術です。
効果持続時間★★★★★☆★☆☆
弛緩作用★★★★★☆★☆☆
即効性★★★★★☆★☆☆

IDマッサージのメリット

  • 心地よい刺激
    どんな方でも受けることが可能
  • 姿勢改善
    通常触れないインナーマッスルを整えるので姿勢改善効果が高い
  • ゆがみ改善
    背骨・肩甲骨・骨盤のバランスを整えることが可能

IDマッサージのデメリット

  • はりに比べてコリをほぐす力が劣る。
  • 通常のマッサージよりは明らかに長いが、当院の技術の中では効果持続期間が短め

IDマッサージを使うコース

肩こり・首こり専門コース腰痛コース足・膝専門コース体幹コンディショニング

こりラボで行う理学療法は計画に基づいて行いますが、緊急かつ時間が短い場合の応急処置を行なう処置は、こちらで解説したIDマッサージ、またはオイルを使用してのI D オイルマッサージとなります。

 
katakoriLABS ロゴマーク
katakoriLABS ロゴ
by
katakoriLabs