学芸大学駅前の鍼マッサージ治療院

3D鍼 (スリーディーハリ)

従来の鍼とは異なる新しいアプローチ・・・3D鍼は鍼治療の進化形

3Dというと立体をイメージされると思います。3DはThree Dimensionの略で3次元という意味です。3D鍼は3次元鍼ということになりますが、鍼を打つという行為自体が3次元では?と思われることでしょう。

確かにその通りです。私たちのいる空間そのものが3次元です。

ここで、人体の解剖図を思い描いてください。普通は平面図、つまり2次元(2D)ですよね。

3D鍼の3Dとは人体を立体的にとらえて三次元の観点からハリ治療を行うという意味です。

具体的に3D鍼 (スリーディーハリ)とは?

従来のマッサージやハリ治療では十分な効果が得られない方のために肩こり研究所が考案したオリジナル技術です。

肩こり研究所オリジナルの技術

マッサージでは埒があかないほどのひどい症状でお悩みの方向けの治療です。

古くからある鍼についての学問にはない、まったく新しいアプローチ方法です。今までいくらハリを刺しても届かなかった領域に刺激を与えることが可能です。そのため、今までのハリ治療の効果と明らかな違いをお約束します。

使用する鍼は特殊なものではございません。一般的な鍼で行います。3D鍼は鍼の種類ではなく技術とお考えください。

度重なる人体解剖によって培われた実際の解剖学と、IDマッサージによる筋肉を個別の触診する技術から構築された治療方法です。体の構造と動きを立体的にとらえ、原因となっている筋膜・筋肉やコリにピンポイントかつダイレクトにアプローチします。ソフトな刺激では効かない頑固なコリの核となるそのポイントを確実に粉砕します。

3D鍼といっても鍼自体は普通の鍼

身体の状態によっては低周波機器を併用する場合もございますが、鍼自体は特別な鍼ではございません。ごく一般的に流通しているものです。

3D鍼は技術です。使用する鍼はなんでもよいのです。3D鍼は国家資格である鍼灸師の中でも、人体解剖学・スポーツ医学・運動生理学に精通した者だけが行うことができる特別な鍼治療の技術で肩こり研究所のみでしか行っておりません。豊富な治療経験で培われた「手」と「鍼」で患者さんの症状を改善いたします。

3D鍼の「筋膜」に対する効果とは?

ここ数年「筋膜」という言葉を目にする・耳にする機会が増えましたが筋膜に対するアプローチなくして鍼治療はありえません。鍼を打つことができるのは医師と鍼師のみです。実際はほぼ鍼師のみが行っている治療方法です。

ですから筋膜は発見でもなんでもありません。マッサージやストレッチ・鍼で筋肉に対して行なうアプローチは筋膜も当然含んでいます。(厳密にいうと筋膜というのは筋肉に限らずあらゆるものを包み込んでおり、よくわかっていないことが多いのは事実です。)

3D鍼を筋膜に打つことによって期待できる作用は以下の2点です。

  1. 血流を改善し水分補給をすることで、高密度化した筋膜の柔軟性獲得と潤滑剤の滑走性回復。
  2. 線維化してしまった部位に微細な組織損傷を与えて組織のリモデリングを誘導(表層から深層まで任意で可)

効果比較

効果持続時間

     3D鍼 > IDマッサージ・普通の鍼 > 普通のマッサージ

筋肉をゆるめる作用

     3D鍼 > IDマッサージ・普通の鍼 > 普通のマッサージ

即効性

     3D鍼 > IDマッサージ・普通の鍼 > 普通のマッサージ

3D鍼のメリット

  1. 即効性の高さ→とにかく頑固なコリをほぐすことが可能
  2. 全身調整→筋肉だけでなく自律神経・内臓機能を整えることが可能
  3. 持続効果→マッサージよりも効果持続期間が長い
  4. 鎮痛効果→痛みに対し鎮痛効果(鍼の麻酔作用は科学的に証明済み)

3D鍼のデメリット

  1. ハリが怖い方には第一選択肢とならない
  2. もみ返しのような現象がおこる場合がある(調整可能)

3D鍼を使用する治療

肩こり・首こり専門治療四十肩・五十肩専門治療腰痛治療足専門治療体幹コンディショニング

肩こり研究所で使用する鍼は「使い捨て」です。

当院では衛生面を重視しています。

一度使用した鍼(ハリ)は廃棄します。治療に使う鍼はすべて新品・未使用の鍼ですので、ご安心ください。