四十肩・五十肩専門治療

五十肩(四十肩)の治し方は、情報が錯綜し、適切な治療法が提供されているとは言いがたいのが現状です。

保険病名として肩関節周囲炎という名称が五十肩、四十肩の病名となっているのですが、そもそもこれが問題です。正しくは、凍結肩、癒着性関節包炎といった肩関節の関節包に問題がある病態が本当の意味での五十肩です。つまり、厳密には五十肩とはいえないものまで「肩関節周囲炎」として一つにまとめられてしまっているのです。厳密には五十肩でないのに五十肩として診断されてしまうことも珍しくありません。

それって本当に五十肩?

40代・50代になり、肩が痛い!腕が思うように動かせなない!ほとんどの方が「自分は五十肩(四十肩)になってしまった」とお思いになります。ですが自己判断は禁物です。腱板断裂といった手術が必要な別の病気の可能性があります。整形外科でMRI検査を行い、五十肩(肩関節周囲炎)という診断をもらうことが大切です。

間違いなく五十肩と診断されても、なぜ病院でなかなか治らないのでしょうか?

まず、レントゲンには骨は写りますが筋肉は写りません。近所の整形外科で診てもらったら五十肩と診断されたといっても、レントゲン検査しか行なっていないのであれば、正確とはいえません。精度を高めるには造影剤の使用が必要です。一番よいのは骨以外の撮影ができるMRI検査です。

骨に異常がある場合は、明確な病名のついた診断がなされます。では骨以外の筋肉やその他周辺組織の問題によるものかどうかは判断が困難です。病院での検査の結果、五十肩と診断されるということは明確な病名のついているものではないという消去法の結果を意味します。

動かせない原因・・・肩関節の拘縮によるものなのか?痛いだけなのか?

厳密には五十肩とはいえないものまで「肩関節周囲炎」として一つにまとめられてしまっていると申し上げましたが、つまりどういうこと?とお思いのことでしょう。

五十肩の本質は肩関節の問題です。

病院で五十肩と診断を受けても、それが肩関節の拘縮をともなうものなのか?肩周辺の筋肉痛によるものだけなのか?これらが一緒くたにされてしまっているのが、五十肩がなかなか治らなくて困っている方が多い理由のひとつです。

痛みさえなければ腕・肩が動く場合、これは本当の意味での五十肩ではありません。痛みさえなんとかすれば治るケースとそうでないケースがあり、世の中にある五十肩情報が混沌としているのは、このためです。

病院に行ってもなかなか治らない四十肩・五十肩ですが、ご安心ください。治ります。

痛みさえなければ腕・肩が動く場合、これは本当の意味での五十肩ではないと申し上げましたが、当院では、そのような肩痛(肩関節痛)も五十肩専門治療の対象としております。

五十肩をはじめとする肩関節痛の治療は、治療開始時期が肝です。ほとんどの方がつらい症状にある時に治療を検討されるので結果的に早い段階で治療スタートできるのですが、発症後、長期間我慢されていた場合は、発症以前の状態までの回復は困難になります。

「これからは、どんどん動かしていきましょう!」→まったく良くならず悪化するケース

これは病院あるあるです。五十肩と診断され、痛み止めなどの処置を受け、それが効いた場合、どんどん動かすよう言われる。動かすことが有効なケースもありますが、そうではないケースがあります。マニュアル的な流れ作業で治るほど簡単ではないのが肩関節痛の治療なのです。

五十肩をはじめとする肩関節の痛みの治療は、時間の経過による状態変化を治療する側が把握する必要があるため、どうしても回数と期間がある程度は必要となります。その回数と期間をできるだけ少なく短くすることを目指しているのが当院の治療です。

そもそも急性期・拘縮期・回復期の3つの期間に分けていることが問題

まず、拘縮を伴わない肩関節痛ではなく、肩関節の拘縮を伴うものが正しい意味での五十肩は大きく分けて3つの状態変化があります。

固まり始める→固まる→柔らかくなる、という3段階の状態変化を辿るのです。

水が氷になってやがて溶けるのと同じです。この3つの状態を海外では、freezing stage→frozen stage→thawing stageと表現されています。これはあくまで肩関節の状態です。ですが、五十肩=肩関節周囲炎というように、症状は関節だけではありません。周囲の筋肉や腱にも出ます。肩関節の状態に限って3つの分けていることを、日本では関節だけでなく全体の症状に対して「3」という数字だけ同じにして当てはめているのです。なお、2013年に米国理学療法士協会が公開したガイドラインではfreezing stageの前段階も追加され4つになっています。

これが、五十肩がなかなか治らなくて困っている方が多いもう一つの理由です。そして拘縮を伴わない肩関節痛であっても「五十肩」と診断されれば一般的な五十肩治療として上記のガイドラインにそった治療となってしまいます。健康保険を使うということは、このようなルールに則らなければなりません。当院が自費治療しか扱っていないのは、こういう理由です。

そして、四十肩・五十肩は半年から1年くらい放置すれば痛み自体は我慢できるくらいには治まるため、治療にはいかず市販薬などでしのいでしまう・我慢してしまう人が多いのです。完全に痛みがなくなるのは、放置した場合2年くらいとされています。

五十肩の痛み自体は何とかできるかもしれません。ですが、治療せず放置してしまいますと、痛みは治っても以前のように肩を動かすことはできなくなります。これを年齢だから仕方ない・自然なことともいえるのですが、きちんと治療すれば、間違いなく日常生活は豊かになるでしょう。五十肩の治療は、痛みが治ったあと、肩関節が以前のように動かすことができることが目的です。

注意していただきたいのは、五十肩は治りますが、長期間放置してしまった場合は完治は厳しくなります。つまり発症以前の可動域まで完全に戻すことは困難になります。治療はできるだけ早い段階から行うことが望ましいです。

一般的に3つとされる五十肩の病期を7つに細分化して治療する

肩こり研究所では、四十肩・五十肩の症状を3つではなくさらに細分化して7つの期間に分けています。まず、急性期の前、痛みなどが発症する前の肩に違和感を感じるといった期間をステージ⓪として、ステージ①急性期、ステージ②急性期→拘縮期への移行期間、ステージ③拘縮期(前期)、ステージ④拘縮期(後期)、ステージ⑤拘縮期→回復期への移行期間、ステージ⑥回復期 の7つです。最低でも7つの期間に応じた治療が必要なのです。

四十肩・五十肩治療が難しい理由は、この病期の見極めがもっとも大切なのに困難であるためです。症状が出てから3ヶ月は急性期といった数字で決めることができませんし、刻々と変化を続けます。病期の見極めは、治療の際、毎回必要になります。

四十肩・五十肩を放置していても痛みはやがておさまります。その代わり以前のように肩を動かすことはできなくなります。

四十肩・五十肩が、やっかいなのは、放置して一定の月日が経てば痛みが落ち着くという特徴です。ですから「歳のせい・・・」と軽視されがちです。例え痛みがおさまったとしても、ほぼ確実に関節の動作に制限が生じています。制限といっても日常生活に支障がない場合がほとんどですが、体を使う職業・スポーツには大きな影響があります。

四十肩が再発して五十肩になる可能性

四十肩・五十肩を放置していても、時間がたてば痛み自体は感じなくなるのですが、再発しないわけではありません。四十肩も五十肩も、発症した年齢で呼び方が変わるだけですから、40代で四十肩を放置した結果、50代になって五十肩を発症というケースももちろんございます。大切なのは、処置するべき時に処置をすること。放置することで症状が長期化し、痛みが消えた後、関節の動きが悪くなり、痛みは無いけれども不自由を余儀なくされる。さらに再発すれば、より悪化します。

四十肩・五十肩は病期(症状の時期)によって適切な処置が異なります。

五十肩の苦痛からより早く解放されるためには、症状がどの程度進行している状態なのか?現在どの期間なのか?を正しく見極めることが非常に重要です。当院が他院よりも自信を持っているのは、症状を正しく見極めて、治療計画を結果がでるように効率よく立てることができる点です。正しい判断と計画は技術力よりも重要なことです。もちろん技術にも自信はありますが、技術力のある施術者はたくさんいます。どんなに腕のよい施術者がいても、症状の見極めと計画がなければ活きません。

*詳しくは、五十肩に関するブログ記事で解説しております。

四十肩・五十肩を効果的に治療するためには、構造・機能・動作の理解とそれぞれに適応した治療技術が必須です

関節はとても複雑かつ高機能です。四十肩・五十肩の症状を正確に把握するには、肩関節の構造(解剖学)、機能(運動学)、動作(バイオメカニクス=生体力学)を熟知していること。そして、知識だけでなく豊富な治療経験、この2つの要素が必要です。

当専門治療では、肩の構造・機能・動作の3つの面から適切な鍼・マッサージ、そして効果的に最新医療機器を組み、超効率的な筋力トレーニングを的確に組み合わせ肩関節の完全な回復を目指します。

四十肩・五十肩の治療に使用する処置

四十肩・五十肩治療の大まかな流れ

IDマッサージと3D鍼を中心に医療機器を使用し運動・体操を適時組み合わせ以下のように進めていきます。

  1. 診察・問診・検査

    診察でじっくりと体の状況を伺い、検査をふまえて痛みの原因と状況を見極めます。

  2. オリジナル治療プログラムの立案・ご相談

    五十肩の治療回数・頻度は個人差が大きく、状態によっても変化します。まず、現時点におけるベストなオリジナルの治療プログラムを提案いたします。

  3. 症状の緩和・医療機器による治療・運動療法

    IDマッサージ・3D鍼による治療を行います。マッサージや鍼では届きにくい箇所に対しては超音波治療器を使用します。四十肩・五十肩治療には運動が不可欠です。当院ではパワープレートを使用した筋力トレーニング・体操を組み合わせます。パワープレートを使うことで運動が苦手・嫌いな方でも無理なく短い時間で超効率的な運動が可能となります。

  4. ご自宅で無理なくできるセルフケアのご提案

    五十肩を完治させるためには普段の生活にセルフケアを取り入れる必要があります。病院で薬を処方され決められた期間服用するのと同じです。無理なくできる方法を丁寧にお教えいたします。

治療の頻度は1週間おき、10日おき、2週間おきと状態によって様々ですが、できるだけ短期間、治療回数を少なくすることを目的としています。完治まで全力でサポートいたします。また、五十肩発症の背景にある、肩関節に負担のかかる動きや姿勢、筋肉のアンバランスを改善し、再発予防も同時並行にて行います。

肩こり研究所の四十肩・五十肩治療の目的

  • 最短で五十肩の痛みから解放されること
  • 拘縮をともなう場合、その期間の短縮と可動域制限予防
  • 肩関節の動きと可動域の回復
  • 治癒後の可動域制限予防と肩関節痛を再発させないためのカラダづくり